WebDesigner's Memorandumウェブデザイナーの備忘録

多機能ランチャーアプリ「Alfred 4」を細かく設定する

2019年05月20日にメジャーアップデートされた「Alfred 4」。

Alfred 3から大きくUIが変わったので、改めて設定を細かく見ていくことにしました。
気が付かないでデフォルトのまま放置してしまっている便利な設定が見つかるかもしれません。

Alfredのスニペット機能を便利に使いこなすための管理方法

Alfredでスニペット機能を便利に使いこなすための管理方法をまとめました。 スニペット機能に関しての細かい説明は過去記事をご覧ください。 Collectionの管理 Alfredのスニペットには「Collection」という概念があります。 「Co…

Drive File Streamの中にあるフォルダを登録して、Alfredから検索結果に表示する方法

Drive File Streamを使うと、Google Drive内のファイルを外部HDのように扱えます。 あとはこのDrive File Stream内を簡単に検索できれば文句なしなのですが、デフォルトの状態だと検索できません。 Alfredの検…

Alfredの環境設定の同期・バックアップ設定

Alfredの環境設定の同期・バックアップの方法

今までこのブログでは、Alfredの細かい設定記事を書いてきました。 アレコレ設定していると、環境設定のバックアップを取っておきたいところ。 今回はAlfredの環境設定のバックアップのとり方と、どこまでバックアップしてくれるのかまとめておきます。 …

AlfredのDefault Resultsを変更して、Google検索をラクにする方法

Alfredでキーワードを入力すると、デフォルトでは3つ検索場所の選択ができます。 Google検索 Amazon検索 Wikipedia検索 AmazonとWikipediaに関しては、デフォルトの検索候補に出てくるレベルでは使用していないため、非…

Alfred 4のファイル検索時にプレビュー表示ができるPreviewsの設定項目まとめ

Alfred 4のファイル検索時にプレビュー表示ができるPreviewsの設定項目まとめ

Alfred 4のひと通りの機能解説と設定項目をしてきたのですが、「Previews」がまだでした。 というわけで、どんなことができるのかと何が設定できるのかをまとめておきます。 機能紹介 Previewsは「Quick Look」と「Preview…

Alfred4の電卓機能で「x」を乗算記号として認識させる方法

Alfred4の電卓機能で「x」を乗算記号として認識させる方法

2019年の10月15日に、Alfredのバージョン4.0.5がリリースされました。 内容は基本的にCatalina対応と細かいバグの修正ぐらいかなと思ってサラッとChange Logを見ていたのですが、気になる項目がありました。 Calculato…

Alfred 4のスニペットで使えるリッチテキスト機能の使い方

以前スニペット機能に関しての基本的な解説とプレースホルダーの解説はしたのですが、今回はAlfred 4からの新機能であるリッチテキストについて、細かくまとめておきます。 「プレーンテキストのほうが好き」というのと、使い所が分からないという理由から今ま…

Alfred 4のスニペットで使えるプレースホルダー機能

以前スニペット機能に関しての基本的な解説はしたのですが、今回はスニペット内で使えるプレースホルダー(正式名称:Dynamic Placeholders)についてまとめておきます。 プレースホルダー スニペット追加時の「Snippet:」内に波括弧{}…

AlfredのWorkflowをカテゴリーごとに整理する

AlfredのWorkflowをカテゴリーごとに整理する

最近色々Workflowを入れたり、どんどん自分で作っているので、カテゴリーをちゃんと分けていった方がいいかなと思い、整理してみました。 結論から言うと、自分が思っていたカテゴリー機能とは違ったのですが、とりあえずの分類方法としてカテゴリーの設定方法…

Alfredの設定画面でショートカットキーが認識されない場合はKeyboard Maestroの設定を確認しよう

Alfredのスニペット機能を本格的に使いたいと思い、クリップボードがcommand + option + Cだから、スニペットはcommand + option + Vで起動するようにしようとしたのですが、ショートカットキーが入力できませんでした(…

Alfred 4のDefault Results(デフォルト検索結果)で設定できることまとめ

Alfred 4のDefault Results(デフォルト検索結果)で設定できることまとめ

そういえば、Alfred 4の細かい設定は色々書いてきたのに、Default Resultsに関して書いていなかった。と気が付きました。 というわけで今回はAlfredのGeneralの次にベーシックな設定である「Default Results」の設…

Alfred Large Type

テキストを画面いっぱいに表示できるAlfredのLarge Type機能の設定項目

Alfredを起動してテキストを入力したあと、command + Lを押すと画面いっぱいに大きなテキストを表示できます。 この機能のことをLarge Typeというのですが、人前でデモをする時にちょっとした単語やリンクを入力して大きく表示してあげると…