macのエイリアスとシンボリックリンクの違いや作成方法

エイリアスとシンボリックリンク

macにはエイリアスとシンボリックリンクという2種類のフォルダの分身があります。今回は何がどう違うのか少しまとめて、どちらを使うべきなのか見てみます。

エイリアスとシンボリックリンクの違い

エイリアスはWindowsでいうところのショートカットと同じで、別のディレクトリに別の場所から手軽にアクセスできるようになります。コピーしたファイルとは違ってあくまで別の場所から本体であるディレクトリにアクセスできるものです。

ちなみにエイリアス(alias)は英語で「変名」や「別名」という意味でその名の通りエイリアスを始めとしたこれらの機能は名前を本体のディレクトリとは別の名前にする事もできます。

そんなエイリアスに対してシンボリックリンクは、そのエイリアスをより本体のディレクトリと同じ扱いができるように近づけたものだと考えると分かりやすそうです。コンピュータはそこに実態があると勘違いをするので、例えばアプリケーションの設定データが入ったファイルを別の場所やDropbox等のオンラインストレージに実データを移動して、シンボリックリンクを元の場所においておけば、Dropbox経由で他のMacにも同じ設定を反映させる事ができます。

個人的にはエイリアスよりもシンボリックリンクの方が使うメリットは大きそうなので、もうエイリアスを使うのはやめてシンボリックリンクで統一して使っていった方が良いかなといった感じです。

それぞれの作成方法

お次はエイリアスとシンボリックリンク、それぞれの作成方法についてです。macはエイリアスの方が標準の機能とされているため、エイリアスの方が簡単に作成できてしまいます。

エイリアスの作成方法

まずはエイリアスの作成方法についてです。macのデフォルトのFinderから簡単に作成する事ができます。
エイリアスを作成したいフォルダ、またはファイルに対して右クリック→[エイリアスの作成]を押すと作成されます。

エイリアスを作成

同じ階層に「〇〇のエイリアス」というファイルが生成されてあるので、後はこのフォルダを別の場所に移動させたりして使用します。ちなみにアイコンの左下には矢印のマークが付いていて、パット見でエイリアスなのか実際のファイルなのか判断できるようになっています。

エイリアスのフォルダ

シンボリックリンクの作成方法

シンボリックリンクの作成にはmacの場合はTerminalを使用する必要がありますが、Terminalで下記コマンド1行を実行するだけなので普段Terminalを使う機会の無い人でも問題なく作成できるかと思います。

$ ln -s シンボリックリンクにしたいフォルダの絶対パス シンボリックリンクを配置したいディレクトリ

注意しなければならないのは「アイ・エヌ」ではなくて「 エル・エヌ」という点です。リンクを貼るためのコマンドなので「ln」は「link」の略で、「-s」は「Symbolic link」の頭文字です。

ちなみに、作成されるシンボリックリンクの名前はシンボリックリンクにしたいフォルダと同じ名前になりますので、そのフォルダと同じ階層に作成しようとすると、うまく作成する事ができません。

シンボリックリンクの作成方法(PathFinder)

毎回わざわざTerminalを起動するのは面倒ですし、できればすぐにシンボリックリンクを作成できるようにしておきたいですよね。いくつか方法はあるのですが、個人的におすすめなのはPathFinderというアプリです。

このPathFinderはFinderの強化版のようなもので、mac標準のFinderよりも便利な機能がたくさんあるアプリなのですが、その機能の1つにシンボリックリンクの作成があります。ただデフォルトではONになっていないので環境設定から設定する必要があります。

Path Finderの環境設定から[機能]→[コンテクストメニュー]へ行き、左のカラムに「シンボリックリンクを作る」という項目があるので、それを右のカラムにドラッグしてあげます。

PathFInderでシンボリックリンク作成の設定

この設定をしておくと、フォルダを右クリックした時に「シンボリックリンクを作る」という項目が追加されるので、それをクリックすると「〇〇 link」という名前でシンボリックリンクが同じ階層に作成されます。

Path Finderで右クリック

シンボリックリンクの活用方法

一番よく見かけるのはアプリケーションの設定ファイル等の共有ですね。macを複数台持っていたり、家のiMacと持ち運び用のmac bookでアプリの環境設定を同期させたいという時に、Dropbox等のオンラインストレージに設定ファイルを入れ、それぞれのmacのアプリの設定ファイルがあった元の場所にはシンボリックリンクを置いておく。

そうすることで片方設定を変えたらもう片方のmacでも同じ設定が同期されるというものです。これ便利ですし、macが壊れた時用のバックアップとしても使えますよね。わざわざ1から設定し直すのは面倒ですし。

あとはTerminalを使う方は「cd」コマンドがシンボリックリンクなら使用する事ができるので、よくアクセスするフォルダのシンボリックリンクを作成してショートカット用にどこか分かりやすい場所においておくという使い方も出来ます。

僕の場合はVagrantを使ってローカル開発環境を立てる事があるのですが、作業用に結構細かく分けたフォルダの先にそのローカル開発用のフォルダがあります。今まではPath Finderでそのフォルダまで行って「ターミナルで開く」メニューで開いていたのですが、それでもわざわざその階層まで降りていくのは面倒です。

そこでそのフォルダのシンボリックリンクを作成して上の方の階層に一時的に置いておく事で、その煩わしさともおさらばです。元のフォルダを動かしたりしているわけではないので、あまりアクセスしなくなったらシンボリックリンクを削除してしまえばいいですよね。

まとめ

エイリアスとシンボリックリンクの違いについて書きましたが、シンボリックリンクの方が便利なので、シンボリックリンクのみ使っていくという事でいいんじゃないでしょうか?Path Finderを使っている人であればシンボリックリンクの作成はすぐに出来ますし。
(エイリアスにしかないメリットってあるんでしょうか)