WebDesigner's Memorandumウェブデザイナーの備忘録

iPhoneやiPadでYouTubeの再生速度を3倍速や4倍速にする方法

自分は普段オーディオブックを聞くときは3.5倍〜4倍速で聞いているので、YouTubeも見るときはそれくらいのスピードにしたいと思っていました。

ただ、デフォルトのYouTubeでは最高で2倍速にしか設定できません。
PCの場合は、Chrome拡張機能の「SmaSurf」を使えば4倍速にできますが、iPhoneだと拡張機能は使えないので諦めていました。

しかし、iOS12から登場した「ショートカット」を使えば、デフォルトの限界を超えて、再生速度を好きに設定できました。

再生速度を変えるショートカットの作成方法

以前は再生速度を変えるショートカットを配布している方がいらっしゃったのですが、いつの間にか追加できなくなっていたので、作成方法を解説します。
もし自分で作成したくなくてすぐ使いたい場合は、こちらのリンクから追加してください。

ただ、どんな仕組みになっているのかは知っておいた方がカスタマイズもできるので、最低限ざっくり見ておくのがオススメです。

新規ショートカットの作成

「ショートカット」アプリを開いて、右上の「+」アイコンから新規ショートカットを作成します。

新規ショートカットの追加

デフォルトだと「新規ショートカット 1」などの名前になっているので、名前右の「・・・」ボタンを押して、名前を変更します。
今回の場合は「動画再生速度の変更」としておきます。

ショートカットの名前変更

あとは名前以外にも「共有シートに表示」にチェックを入れて「共有シート」を「SafariのWebページ」にしておきます。

共有シートに表示

「SafariのWebページ」以外も選択していて問題ありませんが、使えないときに表示させる必要もないので、選択を外しておきます。

「SafariのWebページ」の選択

アクションの追加:リスト

あとはショートカット内のアクションを追加していきます。

「+ アクションを追加」をクリックして「リスト」アクションを追加します。

「リスト」アクションの追加

リストの項目は変更したい再生速度を「2.5」「3.0」のように追加していきます。
(「倍」などは不要で、数字だけ入力します)

リストの追加

アクションの追加:変更処理

次に「リストから選択」アクションを追加します。
ちゃんと「リストから選択」になっているのを確認して、「プロンプト」には選択時に表示される説明文を入力します。

今回は「動画の再生速度を選択してください」と入力しておきます。

「リストから選択」を追加

次にSafariの「WebページでJavaScriptを実行」アクションを追加します。
このとき、デフォルトだと「Webページに対してJavaScriptを実行」になっているので、タップして「ショートカットの入力に対してJavaScriptを実行」に変更しておきます。

SafariでJavaScript実行

また、JavaScriptの中身は下記に置き換えます。

var videos = document.querySelectorAll("video");
for (var video of videos) {
  video.playbackRate = 選択した項目;
}
completion(videos.length);

コピペだと「選択した項目」の部分がちゃんと認識されないと思うので、その部分は一度削除して入力時に貼り付け直します。

これでアクションは作成完了です。

ショートカットの使い方

SafariでYouTubeの動画ページを開いた状態で下メニューの共有アイコンをタップします。

ここにショートカットの「動画の再生速度を変更する」が追加されているはずなので、これをタップします。

あとはリストの中から数字を選択すれば、動画の再生速度が変わります。

初回起動時はYouTubeのアクセスを許可するか聞かれるので、「許可」を選択しておきましょう。

ショートカットの初回起動時の表示

固定の速さに変えるショートカットの作り方

「項目を選択しなくていいから、とりあえず4倍速にしてくれるショートカットが欲しい」人のためのショートカットの作り方をまとめておきます。

まずはマイショートカットの右上の「+」アイコンをタップします。

「アクションを追加」から「SafariでJavaScriptを実行」を選択し、下記のJavaScriptをペーストします。

var videos = document.querySelectorAll("video");
for (var video of videos) {
  video.playbackRate = 4.0;
}
completion(videos.length);

「4.0」の数値を変えれば速度も変わります。

これで「完了」をタップして名前をつけて保存すれば、「動画の再生速度を固定の速さに変更するショートカット」の完成です。

使ってみた感想

実際に使ってみた感想としては下記の通りです。

  • 見始めるときにいちいちショートカットを実行する必要があるのは面倒
  • iPhoneだと再生速度に動画の読み込みが追いつかないときが多々ある
  • 4倍速にはすぐ慣れる

ショートカットの実行がやはり面倒ではありますが、関連動画や再生リストで動画を切り替えた場合は、再度ショートカットを実行する必要はありませんでした。

また、iPhoneで再生していると、再生速度に動画の読み込みが追いつかなくて動画がストップすることが多々あります(通常の4倍のスピードなので当たり前かもしれませんが…)。

しかし、自分の場合はなぜかiPadなら何の問題もなく再生できたので、今後はiPadのSafariからYouTubeを見ることになりそうです。

著者について

プロフィール画像

サイトウ マサカズ@31mskz10

1997年生まれ。2016年から専門学校でデザインについて勉強。卒業後は神戸の制作会社「N'sCreates」にウェブデザイナーとして入社。このブログでは自分の備忘録も兼ねて、ウェブに関する記事や制作環境を効率的に行うための記事を書いています。

Twitterをフォロー Facebookでいいね