Webrandum ロゴ

WebDesigner's Memorandumウェブデザイナーの備忘録

Haptic Touch Barでタッチバーを押した時のフィードバックを追加する

HapticTouchBar

MacBook ProのLate 2016以降には、アプリによって表示が変化するタッチバー付きのモデルが登場し、2018年モデルからはタッチバー1択とな ってしまいました。

そんなタッチバーの欠点はフィードバックが何もないことです。

ブラインドタッチをしていると、たまにタッチバーを間違って触れてしまい、誤操作の原因となってしまうので、今回はタッチバーにトラックバックの振動でフィードバックを返すHaptic Touch Barを入れてみました。

Haptic Touch Barのインストール

Haptic Touch Bar

Haptic Touch Barは公式サイトからインストールできます。

Haptic Touch Barをインストールしておくと、タッチバーに触れた時に「カチッ」というトラックパッドの振動が発生すすので、押してしまったかどうかの判断が付きやすくなります。

音がトラックパッドの音なので、まだ慣れませんがとりあえず鳴ってくれるだけ有り難いです。

初回起動時に、下のような画面が表示される場合は、「Open Accessibility Settings」をクリックして、システム環境設定のアクセシビリティ設定にチェックを入れます。

Haptic Touch Bar 初回起動時

Haptic Touch Barの設定

インストールすればそれだけで振動するようになりますが、いくつか設定項目もあります。
メニューアイコンが追加されるので、設定は全てそこから行います。

Sound Effect

[Sound Effect]でタッチバーを押した時のサウンド設定が出来ます。
ただ、トラックパッドの振動音も結構するので、20%にするか「Disabled」に設定しておくのをオススメします。

Sound Effect

Haptic Intensity

[Haptic Intensity]でトラックパッドの振動の強さを選択できます。「0」だと振動しなくなり、「4」が1番強いです。

Haptic Intensity

Advanced

[Advanced]ではその他の細かい設定ができます。

Advanced

項目内容
Vibrate When Releasing Buttonタッチバーを離した時にも振動させる
BetterTouchTool SupportBetterTouchToolで追加したボタンもサポートする
Show Menu Bar Iconメニューアイコンを表示するかどうか
Debugデバッグモードをオンにする

「Vibrate When Releasing Button」は好みの問題ですが、外しておく方が良さそうです。「BetterTouchTool Support」はとりあえずチェックしておきましょう。

まとめ

とりあえず、押した時に何かしらのフィードバックが返ってくるので、自分は満足しましたが、音がやはりトラックパッドなので、好みが別れるかもしれません。

とりあえず2週間は無料で使えるので、タッチバー付きのMacユーザーは試してみてはいかがでしょうか?