Webrandum ロゴ

WebDesigner's Memorandumウェブデザイナーの備忘録

macOS Mojaveのスクリーンショット機能についてまとめる

macOS Mojaveではスクリーンショット機能が大幅に改善されているので、この機会にMacのスクリーンショットに関してまとめておきます。

ショートカットキー

command + shift + 3〜6はスクリーンショット系のショートカットキーです。

機能ショートカットキー備考
画面全体の取り込みcommand + shift + 3 
選択範囲の取り込みcommand + shift + 4 
スクリーンショット.app起動command + shift + 5macOS Mojaveから追加
Touch Barの取り込みcommand + shift + 6Touch BarとmacOS Sierra 10.12.2以降を搭載したMacのみ

 

撮影時のオプション

選択範囲撮影時には、スペースを押したり修飾キーを押しながら撮影する事で、異なる挙動になります。

機能オプション
ウインドウの取り込みスペースを押して切り替え
ウインドウの影をトルoptionキーを押しながら撮影
クリップボードにコピーcontrolキーを押しながら撮影

 

下の画像はウインドウを取り込んだ画像と、ウインドウの影を消した(optionキーを押しながら撮影した)画像の比較です。

シャドウの有無比較

また、controlキーを押しながら撮影する事でクリップボードにコピーできます。クリップボードに保存した画像はcommand + Vでチャットツールなどに貼り付けられます。この方法を使えばローカルに画像が保存されないため、不要な画像をFinder内にためなくて済みます。

スクリーンショット.app

macOS Mojaveからはアプリケーションフォルダの「ユーティリティ」内に「スクリーンショット.app」というアプリが追加されています。

スクリーンショット.app

このアプリを起動するショートカットキーが、先程の表にもあったcommand + shift + 5です。

「画面全体の取り込む」「ウインドウの取り込む」「選択範囲を取り込む」の選択が可能な他、画面収録への切り替えや保存先の変更も可能です。

また、「選択範囲を取り込む」の挙動がcommand + shift + 4のものとは違い微調整がしやすくなっていたり、選択した範囲は記憶して同じ位置の撮影に適したものになっています。

フローティングサムネールをオフにする

やっておきたい設定として「フローティングサムネールをオフにする」があります。
フローティングサムネールとは、スクリーンショットを撮影した後、画面右下に数秒間プレビューが表示されるというものです。プレビューをクリックすると、簡易的な画像編集が出来るのですが、正直必要ありません。

右下にプレビューが表示される

また、フローティングサムネールが表示されている間はローカルに保存されないため、微妙に待ち時間が発生します。設定の切り替えはスクリーンショット.appの[オプション]→[フローティングサムネールを表示]のチェックを外せば完了です。

フローティングサムネールを表示

他アプリでのスクリーンショットの撮影方法

公式の方法以外でスクリーンショットの撮影を行うこともあります。

Gyazo

Gyazo

Gyazoは撮影したスクリーンショットをURLにして、他人とすぐに共有が出来るサービスです。

他人に何か説明文を送る時に、文章だけでなく画像も使った方が分かりやすいのですが、画像枚数が多いとどの画像の事を言っているのか分かりませんし、容量も大きくなってしまいます。

Gyazoは画像をURLとして共有できる形にしてくれるので、その心配がありません。
また、非常に手軽に撮影→共有が出来るので重宝しています。

Kap

Kap

Gif画像の撮影や、動画の撮影を行いたい時に使用します。
動画の撮影は公式の機能でもありますが、Kapを使えばマウスをクリックした時に円形のエフェクトが表示されるので、クリックしたタイミングが分かりやすくなります。