Webrandum ロゴ

WebDesigner's Memorandumウェブデザイナーの備忘録

Evernoteに公式のテンプレート機能が登場!!これでスムーズにテンプレートを呼び出すことが可能に!!

Evernoteの7.5(Beta2)からついにノートのテンプレート機能が搭載されました。Evernoteユーザーとしてずっと待ち望んでいた機能なので、このアップデートはかなり嬉しい。
この記事ではそんなテンプレート機能に関してまとめてみました。

ベータ機能について

Evernote公式サイト

この機能はEvernoteのベータ機能(テスト中の機能を試験的に開放している)です。使用するためにはApp StoreではなくEvernoteの公式サイトからダウンロードしたEvernoteクライアントが必要となり、且つベータ機能をオンに設定する必要があります。

公式サイトからダウンロードしたEvernoteクライアントなら、環境設定の「ソフトウェアアップデート」に「ベータ機能」という項目があるはずです。
そこの「利用可能ならベータバージョンでもアップデート」にチェックを入れればOK。後はアップデートの確認をしてベータ版にアップデートしましょう。

Evernoteベータ機能のオン

ただし、ベータ機能は試験的な機能のため、不具合が発生する場合もありますが全て自己責任となります。その点に関しては注意しておきましょう。

macOS向けアプリは、このようにApp Storeよりもダウンロードしてインストールするタイプのものの方がベータ機能や有料版が存在していたりするため、App Storeと公式サイトからの2通りインストールできるものは、公式サイトからダウンロードしておくのをおすすめします。

テンプレートの設定方法

まずはテンプレートの登録をしないと使用することは出来ません。

テンプレートの設定方法はノートの右上にある「…」をクリックして「テンプレートとして保存…」をクリックすれば、保存が開始されます。

テンプレートとして保存

あるいは、メニューの[ノート]→[テンプレートとして保存…(Control + Shift + 5)]から保存する事も可能です。

テンプレートの使用方法

設定したテンプレートを使用するためには、新規ノートを作成時に表示される「テンプレート」ボタンをクリックします(何もテキストが入力されていない状態でのみ表示されます)。

Evernoteでテンプレートを使う

設定したテンプレートが一覧となって表示されるので、使用したいテンプレートをクリックすれば反映されます。
非常に便利になりましたね。

Evernoteのテンプレートリスト

ちなみに「サンプルテンプレート」という機能も現在進行中のようです。2018年9月現在では、まだサンプルテンプレートは用意されていませんが、今後は公式が用意したテンプレートはここからインストールして使用できるのでしょうか?
いちいちダウンロードしてインポートするのは地味に面倒なので有り難いですね。

テンプレート機能で更にEvernoteが使いやすく

今回のテンプレートによって、更にEvernoteが使いやすくなります。
毎日必ず必要になるようなノートであればIFTTTやZapier等のサービスで自動的に作成すれば良いのですが、

  • 振り返りシート
  • タスク整理用ノート
  • アイデア発想用ノート
  • 旅行に必要なものをまとめたチェックリスト

こういった、決まった日付で使いはしないものの、何度も使い回すようなノートをテンプレートとして用意しておけば、必要な時にさっと取り出して書き始める事ができます。
今まではテンプレート用のノートブックを作成してそこからノートを複製する等と言った手間が発生していたのですが、それが無くなると考えるとストレスもかなり軽減されます。

あとは見出し機能があると更に嬉しいのですが…