WebDesigner's Memorandumウェブデザイナーの備忘録

MacのターミナルアプリはiTerm2で決まり!!オススメの設定と基本的な機能まとめ

今までターミナルはmacOS標準のターミナル.appをずっと使っていたのですが、最近iTerm2(アイターム・ツー)というアプリに乗り換えました。

ターミナル.appでも特に不満はなかったものの、いざ乗り換えてみると細かい環境設定がしやすかったり、便利な機能があったりしたので、ターミナル.appを使う特別な理由がない場合はiTerm2にした方がが良さそうです。

iTerm2

iTerm2

Macでは少し高度な事を行いたいときに、ターミナルを利用して「システム環境設定では設定できない設定」をしたり、「ウェブ制作者の場合はgulpやwebpackなどの便利なツールを使用」したりします。

macOS標準のターミナル.appというアプリケーションもありますが、今回紹介するiTerm2の方が便利です。
具体的なメリットは下記の通りです。

  • 細かい表示や機能の設定ができる
  • デフォルトのターミナル.appに比べて見た目がキレイ
  • 画面分割ができる
  • 入力補完機能がある
  • ホットキー機能(ショートカットキー機能)がある
  • クリップボード履歴が見れる
  • インスタントリプレイ機能(ターミナルの処理を見返す)がある

機能が多すぎて、正直自分も使いこなし切れていませんが、定期的に見返して「そういえばこんな機能もあったんだ!」と徐々に使ってできることを増やしています。

iTerm2のダウンロード

iTerm2 ダウンロード

iTerm2の公式サイトからアプリケーションをダウンロードします。

ダウンロードしたら普通のアプリと同じように「アプリケーション」フォルダに配置しておきます。
あとは、右クリックから開くを選択すれば、起動します。「あとは、右クリックから開くを選択すれば、起動します。

基本的な設定

環境設定はメニューバーの[iTerm2]→[Preferences](command+ ,(カンマ) )をクリックで開けます。
ターミナル.appと違ってかなり細かいところまで設定できるのが、この環境設定を見ていくことで分かります。

タブに関してはそれぞれ下記のように分類されています。

  • General:基本的な設定
  • Appearance:見た目やタブ・ウインドウの表示設定
  • Profiles:さらに細かいターミナルの設定
  • Keys:ショートカットキーの設定
  • Arrangements:ウインドウの配置設定
  • Pointer:マウスの設定やトラックパッドでのジェスチャの設定
  • Advanced:詳細設定

設定項目はかなり多いので、最初はさらっと流し見て、気になった部分だけ設定した方が良さそうです。
最初に全てやろうと思うと、心が折れそうです。

General

「General」では基本的な設定ができます。

  • Startup:起動時の設定
  • Closing:アプリ終了時の設定
  • Magic:iTerm2特有の特別な機能の設定
  • Services:ベータ機能などのサービス全般の設定
  • Selection:テキスト選択周りの設定
  • Window:ウインドウ周りの設定
  • Preferences:環境設定
  • tmux:tmuxの設定

Startup

Startupでは、iTerm2を起動したときの設定ができます。

[General]→[Startup]

項目内容備考
Window restoration policy

iTerm2を起動したときに、前回のウインドウの復元をするかどうか

  • 「Use System Window Restoration Setting」
    システムウインドウの復元設定をしようする
  • 「Open Default Window Arrangement」
    デフォルトのウインドウを開く
  • 「Only Restore Hotkey Window」
    ホットキーウインドウのみを復元する
前回使っていたフォルダ階層で開いてくれるので、
復元設定はしておいた方が便利
Open profiles window

プロファイルウインドウを開くかどうか

 

Closing

Closingでは、iTerm2を終了するときの設定ができます。

[General]→[Closing]

項目内容備考
Quit when all windows are closedすべてのウインドウが閉じたらアプリを終了する 
Confirm closing multiple sessions複数のセッションを閉じるときに確認メッセージを表示する 
Confirm “Quit iTerm2”command + QでiTerm2を終了するときに確認メッセージを表示する終了確認はKarabiner-Elementsで設定するのがオススメ
Even if there are no windowsウインドウが1つもなくても終了するときは確認メッセージを表示する「Quit when all windows are closed」がチェックされていると設定不可

「Confirm “Quit iTerm2″」はデフォルトではオンになっています。

ターミナルでは重要な処理をしていることが多いので、間違えて終了してしまうのを防ぐという意味ではあった方が安心ですが、個人的にはKarabiner-Elementsを使ってcommand + Qの2回押しで終了にするのをオススメしています。

Magic

Magicは直訳すると英語ですが、ここではiTerm2特有の特別な機能の設定ができます。

[General]→[Magic]

項目内容備考
Instant Replayuses ○ MB per sessionインスタントリプレイ機能に使うMBを設定するデフォルトは4MB
Save copy/paste and
command history to disk
コピーとペーストとコマンド履歴を保存する 
Enable Python APIPythonのAPIを有効にする 
GPU renderingGPUでのレンダリングを有効にする 

Services

Servicesではサービス全般の設定ができます。

[General]→[Services]

項目内容備考
Add Bonjour hosts to ProfilesBonjour hotsをプロフィールに追加する 
Check for updates automaticallyアップデートを自動的に確認する自動で更新するわけでなく、iTerm2の起動時に
アップデートがある場合はダイアログが表示されるようになる
Update to Beta test releasesベータ版のテストリリースもアップデートに含める 

Selection

Selectionでは、ターミナル上のテキストを選択するときの挙動を設定できます。

[General]→[Selection]

項目内容備考
Copy to pasteboard on selection選択時にクリップボードにコピーする 
Copied text includes trailing newlineコピーされたテキスト改行を含める 
Applications in terminal may access 
clipboard
ターミナルがクリップボードにアクセスするのを許可 
Double-click performs smart selectionダブルクリックでスマート選択を実行する 
Triple-click selects entire wrapped linesトリプルクリックで折り返しも含めた行全体を選択する 
Characters considered part of a word単語の一部とみなされる文字を入力 

Window

Windowでは、iTerm2のウインドウ周りの設定ができます。

[General]→[Window]

項目内容備考
Smart window placementスマートなウインドウ配置 
Adjust window when changing font sizeフォントサイズを変更するときにウインドウを調整する 
Zoom maximizes vertically onlyズームは垂直方向にのみ最大化する 
Native full screen windows自然なフルスクリーンモードを使用 
Separate window title per tabタブごとに個別のウインドウタイトルを表示 

Preferences

Preferencesでは、環境設定の保存関連の設定ができます。

[General]→[Preferences]

項目内容備考
Load preferences from a custom folder
or URL
iTerm2の設定フォルダを読み込むチェックを入れて階層を指定すると、設定を保存できる
Save changes to folder when iTerm2 quitsiTerm2の終了時に設定の変更ファイルを設定フォルダに保存する 
Save Current Settings to Folder現在の設定を、設定フォルダに保存 

tmux

tmuxでは、端末多重化ソフトウェアのtmuxの設定ができます。

[General]→[tmux]

項目内容備考
When ataching, restore windows as:接続時のウインドウの復元方法 
Automaticaly bury the tmux client session
after connecting
接続後にtmuxクライアントセッションを自動的に埋める 
Use “tmux” profile rather than profile
of the connecting session
接続セッションのプロファイルではなく、
「tmux」プロファイルを使用する
 
Status bar shows tmux status bar
content not native components.
ステータスバーには、ネイティブコンポーネントではなく、
tmuxステータスバーの内容を表示する
 

Appearance

「Appearance」ではiTerm2の見た目であったり、タブやウインドウの表示設定が可能です。タブバーの表示位置やウインドウに表示させるテキスト、ウインドウにボーダーをつけるかどうかなどの設定ができます。

  • General:見た目全般の設定
  • Windows:ウインドウ周りの設定
  • Tabs:タブ周りの設定
  • Panes:ペイン(ウインドウ分割時)の設定
  • Dimming:光の調節

General

[Appearance]→[General]

項目内容備考
Themeテーマの選択 
Tab bar locationタブバーの位置を選択 
Status bar locationステータスバーの位置を選択 
Auto-hide menu bar in non-native
fullscreen
非ネイティブフルスクリーンでメニューバーを自動的に非表示にする 
Exclude from Dock and command-Tab
Application Switcher
iTerm2をDockやcommand + tabのアプリケーションスイッチャーから除外する 

Windows

[Appearance]→[Window]

項目内容備考
Show window number in title barタイトルバーにウインドウ番号を表示する 
Show border around windowsウインドウの周りに境界線を表示 
Hide scrollbarsスクロールバーを隠す 
Disable transparency for fullscreen
windows by default
デフォルトで全画面ウインドウの透明度を無効にする 
Show line under title bar when
the tab bar is not visible
タブバーが表示されていないときにタイトルバーの下に線を表示する 
Show proxy icon in window title barウインドウのタイトルバーにプロキシアイコンを表示する 

Tabs

[Appearance]→[Tabs]

項目内容備考
Show tab bar even when there is
only one tab
タブが1つのときもタブバーを表示する 
Preserve window size when tab bar
shows or hides
タブバーの表示・非表示が切り替わったときに
ウィンドウサイズを保持する
 
Show tab numbersタブ番号を表示 
Tsbs have close buttonsタブに閉じるボタンを表示する 
Show activity indicatorアクティビティインジケーターを表示する 
Show new-output indicator新しいアウトプットインジケーターを表示する 
Flash tab bar when switching tabs in
fullscreen
全画面でタブを切り替えるとタブバーが点滅する 
Show tab bar in fullscreen全画面でタブバーを表示する 
Stretch tabs to fill barタブをストレッチしてタブバー上を埋めるようにするかどうか 

Panes

[Appearance]→[Panes]

項目内容備考
Show per-pane title bar with split panes分割ペインでペインごとのタイトルバーを表示 
Separate status bars per paneペインごとに個別のステータスバーを表示 
Separate background images per paneペインごとに個別の背景画像を表示 

Dimming

[Appearance]→[Dimming]

項目内容備考
Dimming amount調光量の設定 
Dim inactive split panes非アクティブな分割ペインを暗くする 
Dim background windows背景ウインドウを暗くする 
Dimming affects only text, not background.Dimming amountはテキストにのみ適用して、背景には影響しないようにする 

Profile

Profileでは更に細かい設定が可能で、複数のプロファイルを追加して管理もできます。

プロファイルごとのiTerm上の色設定や、ウインドウの表示設定などなど細かい部分はここで設定します。

[Profiles]

Keys

Keysではショートカットの設定が可能です。覚えておくと便利なショートカットキーは後で幾つか紹介しますが、ここでショートカットの設定や追加ができます。

[Keys]

Pointer

Pointerではマウスやトラックパッドの挙動を設定できます。

General

[Pointer]→[General]

Bindings

[Pointer]→[Bindings]

Advanced

Advancedではさらに細かい設定ができます。
自分の場合あまり触ることはありませんが、いままでの設定以上に細かいことが設定できるので、見てみると面白いかもしれません。

[Advanced]

設定

以下は自分がiTerm2を使うにあたって行った設定になります。

ホットキーの設定

いつでもiTerm2を起動できるようにホットキーの設定をしています。

設定場所は[Preferences]→[Keys]の左下の方にある「Hotkey」にチェックマークを入れて四角い枠内をクリックしてキーボードで使用したいショートカットを入力すれば設定できます。

デフォルトだとoption  + spaceになっているのですが、自分の場合はcontrol + Tに設定しています。
もともとcontrol + TはmacOS標準で、「カーソル前のテキストとさらにその前のテキストを入れ替える」というテキスト入力系のショートカットが割り振られているのですが、正直使った事がないのと片手ですぐ押せるのでこのショートカットに設定しました。

ウインドウを半透明に設定

次にウインドウの背景を半透明に設定しました。
ウインドウの後ろに隠れてしまっている他のアプリやウインドウが見れるようになります。

設定場所は[Preferences]→[Profiles]→[Window]の「Transparency」という部分です。
バーを左右に動かす事で透明度を調整する事が可能です。

iTerm2 背景を半透明に変更

ちなみにcommand+Uで透明と不透明を切り替えることもできます。

覚えておくと便利なショートカット

ここから先はiTerm2で覚えておくと便利なショートカットについてです。

タブ関連

iTerm2 タブ

新規タブの追加はcommand+Tです。
タブ間での移動をしたい場合はcommand+command+で、左と右のタブに移動できますし、タブバーに書かれてあるように、左のタブから順番にcommand+1command+2でも移動できます。

タブを閉じたい場合はcommand+Wで閉じます。

macOS標準のターミナル.appでも、タブ機能はあるのであまり目新しさはありませんが、iTerm2の方がショートカットでより素早い移動が可能になります。

画面分割関連

iTerm2 画面分割

iTerm2は画面を縦と横に分割して使用する事ができます。これはターミナルには無い機能です。タブと違って複数画面を一緒に見ながら作業できるようになります。

横に分割したい場合はcommand+D
縦に分割したい場合はcommand+shift+Dでそれぞれ分割ができます。

分割した画面間のフォーカスを移動したい場合はcommand+ [ command+ ] でフォーカスを移動させる事が可能です。
分割した画面を閉じたい場合はタブの時と同じでcommand+Wで閉じられます。

その他

入力補完

文字の入力途中でcommand+ ; を押すと入力補完ができます。地味に便利なので覚えておくと役に立つかもしれません。

iTerm2 入力補完

クリップボード

command+shift+Hでクリップボード履歴を呼び出す事が可能です。過去にコピペしたテキストを一覧表示されるのでこちらもよく使っています。

検索

command+FでiTerm2内のテキストの検索を行う事が可能です。

iTerm2 検索

フルスクリーン

command+enterでフルスクリーンにできます。
フルスクリーン状態でcommand+enterもう一度押すと縮小できます。

著者について

プロフィール画像

サイトウ マサカズ@31mskz10

1997年生まれ。2016年から専門学校でデザインについて勉強。卒業後は神戸の制作会社「N'sCreates」にウェブデザイナーとして入社。このブログでは自分の備忘録も兼ねて、ウェブに関する記事や制作環境を効率的に行うための記事を書いています。

Twitterをフォロー Facebookでいいね