MacのターミナルアプリはiTerm2で決まり!!自分の設定と基本機能

今までMacのデフォルトのターミナル(最近macのデフォルト設定だと白背景ですが、いわゆる黒い画面)をずっと使っていたのですが、最近iTerm2(アイターム・ツー)というアプリに乗り換えました。デフォルトのターミナルには特に不満が無かったのですが、いざ乗り換えてみると細かい環境設定がしやすかったり便利な機能が幾つかあったりしたので特に何か理由がない場合はこちらを使った方が良いかもしれません。

iTerm2はコマンドラインツール

iTerm2

システム環境設定では設定できない設定を行ったり、プログラミングやGulp等のタスクランナーを使ったり、とにかく少し高度な事を行いたい時にコマンドラインツールを利用して全てテキストを入力して操作を行っていく必要があります。

Macの標準ではターミナルというアプリケーションがあるのですが、今回紹介するiTerm2を利用すると、ターミナルよりも便利な機能を使用する事ができます。

ダウンロード

iTerm2 ダウンロード

iTerm2のサイトからアプリケーションをダウンロードします。そして普通のアプリと同じように「アプリケーション」フォルダに配置すればOKです。右クリックから開くを選択すれば起動して使用できるようになります。

基本的な設定

環境設定はメニューバーの[iTerm2]→[Preferences](+ , )をクリックで開けます。
「General」では基本的な設定ができます。

iTerm2 環境設定

「Appearance」ではiTerm2の見た目であったり、タブやウインドウの表示設定が可能です。タブバーの表示位置やウインドウに表示させるテキスト、ウインドウにボーダーをつけるかどうか等の設定です。

iTerm2 Appearamce

ちなみにTabsのThemeは「Light」「Dark」「Light(High Contrast)」「Dark(High Contrast)」の4種類から選択できますが、メニューバーの色が変わります。(High Contrastは何が変わっているのか違いがよく分かりませんでした)

iTerm2 Theme

Profileでは更に細かい設定が可能で、プロフィールを追加して複数管理する事も可能です。色の変更やウインドウの表示設定などなど細かい部分はここで設定します。

Preferences Profile

Keysではショートカットの設定が可能です。覚えておくと便利なショートカットキーは後で幾つか紹介しますが、ここでショートカットの設定や追加ができます。

Preferences Keys

設定

以下は自分がiTerm2を使うにあたって行った設定になります。

ホットキーの設定

いつでもiTerm2を起動できるようにホットキーの設定をしています。設定場所は[Preferences]→[Keys]の左下の方にある「Hotkey」にチェックマークを入れて四角い枠内をクリックしてキーボードで使用したいショートカットを入力すれば設定できます。

iTerm2 Hotkey設定

デフォルトだとOption+Spaceになっているのですが思いっきりAlfredと被ってしまっているので僕の場合はControl+Tに設定しています。もともとControl+Tはmacの標準で、「カーソル前のテキストとさらにその前のテキストを入れ替える」というテキスト入力系のショートカットが割り振られているのですが正直使った事がないのと片手ですぐ押せるのでこのショートカットに設定しました。

ウインドウを半透明に設定

次にウインドウの背景を半透明に設定しました。裏に隠れてしまっている他のアプリやウインドウが見れるようになります。設定場所は[Preferences]→[Profiles]→[Window]の「Transparency」という部分。バーを左右に動かす事で透明度を調整する事が可能です。

iTerm2 背景を半透明に変更

ちなみにCommand+Uで透明と不透明を切り替えることもできます。

覚えておくと便利なショートカット

ここから先はiTerm2で覚えておくと便利なショートカットについてです。

タブ関連

iTerm2 タブ

新規タブの追加はCommand+Tです。
タブ間での移動をしたい場合はCommand+Command+で、左と右のタブに移動できますし、タブバーに書かれてあるように、左のタブから順番にCommand+1Command+2でも移動できます。

タブを閉じたい場合はCommand+Wで閉じます。

mac標準のターミナルでも、タブ機能はあるのであまり目新しさはありませんが、iTermsの方がショートカットでより素早い移動が可能になります。

画面分割関連

iTerm2 画面分割

iTerm2は画面を縦と横に分割して使用する事ができます。これはターミナルには無い機能です。タブと違って複数画面を一緒に見ながら作業できるようになります。

横に分割したい場合はCommand+D
縦に分割したい場合はCommand+Shift+Dでそれぞれ分割ができます。

分割した画面間のフォーカスを移動したい場合はCommand+ [ Command+ ] でフォーカスを移動させる事が可能です。
分割した画面を閉じたい場合はタブの時と同じでCommand+Wで閉じられます。

その他

入力補完

文字の入力途中でCommand+ ; を押すと入力補完ができます。地味に便利なので覚えておくと役に立つかもしれません。

iTerm2 入力補完

クリップボード

Command+Shift+Hでクリップボード履歴を呼び出す事が可能です。過去にコピペしたテキストを一覧表示されるのでこちらもよく使っています。

検索

Command+FでiTerm2内のテキストの検索を行う事が可能です。

iTerm2 検索

フルスクリーン

Command+Enterでフルスクリーンにする事ができます。フルスクリーン状態でCommand+Enterもう一度押すと縮小できます。

まとめ

これは使ってみて個人的に感じたことなのですが、ターミナル系のアプリは探せばいくらでもありますがiTerm2はあまり尖った癖もないのでmac標準のターミナルの拡張版として使用する事ができるような気がします。