Webrandum ロゴ

WebDesigner's Memorandumウェブデザイナーの備忘録

Karabiner-Elementsを使ってキーボードを快適に使えるように設定する

Karabiner-Elements

前に軽く紹介しただけで、詳しく取り上げてはいなかったので、今回はKarabiner-Elementsというアプリについて紹介します。

Karabiner-Elementsはキーバインドのカスタマイズができるアプリ

Karabiner-Elements

Karabiner-Elementsはキーバインドのカスタマイズ(リマップ)ができるアプリです。
これを使うことによって「caps lockをcontrolに変更する」といったことが実現できます。

ちなみに、Karabiner-Elementsは名前が非常にややこしく、昔はKeyRemap4MacBookという名前でした。

その後、Karabinerに名前が変更されたのですが、macOS SierraからMacのキーボードドライバーの構成が変更されたため動作しなくなってしまいました。

そしてキーボードドライバーの構成変更に対応し、リニューアルされたのがKarabiner-Elementsになります。

Karabiner-Elementsの使い方

Karabiner-Elementsをインストールして、メニューアイコンから[Preferences…]をクリックすると環境設定画面が表示されます。

タブの切り替えて、それぞれ設定をしていきます。

  • Simple Modifications:基本の設定
  • Function Keys:Functionの設定
  • Complex Modifications:複雑な設定
  • Devices:使用するキーボードの選択
  • Virtual Keyboard:JISやUSなどのキーボードの種類選択
  • Profiles:設定の保存と切り替え
  • Misc:その他の設定
  • Log:ログ

Simple Modifications

1つのキーを別のキーに変更する設定ができます。
「Add item」を選択して、[From key]に元のキーを、[To key]に変更したいキーを選択すると設定完了です。

Simple Modifications

From keyTo key
caps_lockleft_control
right_optionfn

ちなみに「Target Device:」を「For all devices」から別のキーボードに切り替えると、特定のキーボードのみ設定できます。

Function Keys

F1〜F12までのFunctionキーのシステムコントロール機能を変えられます。
正直ここは特に変えなくてもいいと思っているので、自分はデフォルトのままにしています。

Function Keys

Complex Modifications

Complex Modificationsではルールを追加する事で、少し複雑な設定ができます。

Complex Modifications

ルールを追加するには[Rules]タブの左下にある「Add rule」ボタンからウインドウを開き、「Import more rules from the Internet (open a web browser)」をクリックします。

Import more rules from the Internet (open a web browser)

デフォルトのブラウザが立ち上がって、Karabiner-Elementsのルール一覧ページが表示されるので、自分が気に入った設定を探して「Import」ボタンを押してインポートします。

Karabiner-Elementsのルール一覧ページ

あとはKarabiner-ElementsのAdd ruleから、追加したルールを選択して「Enable」ボタンを押せばルールの追加は完了です。

単純なリマップだけでなく、このような細かい設定ができるのもKarabiner-Elementsの特徴です。

Devices

現在PCに接続されているデバイス(キーボードやマウス)の確認・設定ができます。

Devices

下の「Disable the built-in Keyboard while one of the following selected devices is connected」と書かれた枠内のキーボードにチェックを入れておくと、そのキーボードに接続されている間は、内蔵キーボードをオフにできます。

Virtual Keyboard

「Country Code」と書かれた場所でキー配列の指定ができます。

もし、JIS配列のキーボードを使っているのにUS配列のような挙動をしていたり、逆にUS配列のキーボードを使っているのにJIS配列のような挙動をしているときは、Country Codeに下記の数字を入力してみてください。

  • US配列:0
  • JIS配列:45

Virtual Keyboard

Profiles

一般的にはあまり使うことはないと思いますが、複数の設定を保存しておくことができます。

自分の場合は、Mac内蔵キーボードがJIS配列、普段メインで使っている外付けキーボードがUS配列という特殊な状態なので、それぞれJIS用・US用の設定を保存しています。

Profiles

「Add profile」ボタンからプロフィールを追加して、「Select」を押してしまえば、その後行った設定はそのプロフィールに反映されます。

自分の場合は、各プロフィールごとにVirtual KeyboardのCountry Codeを設定して、使い分けています。

MiscとLog

Miscにはその他の細かい設定、LogではKarabiner-Elementsのログが見れます。

Misc

特にこれといった設定はありませんが、メニューアイコンは表示できるようにしておくと、「Profiles」で設定したプロフィールの切り替えがメニューアイコンからできるので、自分の場合は表示するようにしています(Show icon in menu barにチェックを入れる)。

Karabiner-Elementsのメニューアイコン

2019年6月1日追記

したたか企画さんよりコメントいただきました。

KeyboardCleanToolなどキーボードを一時的にオフにする専用のアプリもありますが、確かにKarabiner-Elementsで十分ですね。