WebDesigner's Memorandumウェブデザイナーの備忘録

MacのSIPのオン・オフを切り替える方法

SIP

macOS Sierra以降のMacにはSIP(System Integrity Protection)という機能が追加されました。

これは簡単に説明するとMacの重要な部分(根幹となる部分)にアプリがアクセス出来ないようにしているロック機能のようなものです。
デフォルトではオンになっているのですが、それだとFinderを拡張するアプリ等の使用が出来ません。

例えば、Path Finderというアプリだと「FinderをDockから削除する項目を追加する」機能をオンにするためにSIPの設定を一度オフにする必要があります。

PathFinder SIP

利用するためには、「SIPを一旦オフにする」→「アプリの設定を行う」→「SIPを再度オンにする」という作業が必要です。

現在のSIPの状態を確認する

まずは現在SIPがオンになっているのかオフになっているのか確認する方法についてです。何もしていなければオンになっているはずですが、念の為確認しておきましょう。

方法はターミナルを起動して下記コマンドを入力してEnterを押します。

csrutil status

すると、有効になっていれば「System Integrity Protection status: enabled.」。無効になっていれば「System Integrity Protection status: disabled.」という文章が返ってきます。

SIPがONになっている場合の表示

SIPを一旦無効にする

SIPを無効にするためには「リカバリーモード」でMacを起動する必要があります。

リカバリーモードで起動するにはmacOSを[システム終了…]でシャットダウン。その後電源をオンにし、リンゴマークが出てくる前にcommand  + Rを押し続けます。

この方法で起動した後に、ターミナルで下記コマンドを入力すればSIPを無効に出来ます。

csrutil disable

無効にしたら、目的のアプリの設定を進めます。

今回の場合は、PathFinderの環境設定から「Finderの”Dockから削除”メニューオプションを使う」と「ゴミ箱の”ドックから削除”メニューオプションを使う」にチェックを入れます。

SIPを再度有効にする

面倒ではありますが、またmacOSを終了します。
電源をオンにし、リンゴマークが出てくる前にcommand + option + Rを押し続けて起動し、ターミナルで下記コマンドを入力すれば有効になります。

csrutil enabl

念のため、csrutil statusでちゃんと有効になっているか確認しておきましょう。

有効になっていればOKです。
地味に面倒ですが、セキュリティのためには仕方ないですね。

くれぐれも信用できないアプリの場合は許可しないように注意してください。