WebDesigner's Memorandumウェブデザイナーの備忘録

Finderで選択したフォルダをターミナルで開く方法まとめ

コーディング作業をするときなど、Finderで選択しているフォルダをターミナルで開きたいときがよくあります。

ターミナルを開いてcdコマンドでパスを入力して移動して…という面倒な作業は省きたいので、今回は選択フォルダをターミナルで開く方法をまとめておきます。

FinderとKeyboard Maestroの組み合わせ

Keyboard Maestroを使っている人であれば、「Open the Finder Selection」アクションを使ってターミナル(自分の場合はiTerm2を使っているので、iTerm2)を選択すれば開くようになります。

Open the Finder Selection

Path Finderのデフォルト機能

Path Finderを使っている人であれば、選択フォルダをターミナルで開く方法は3通りあります。

  • メニューから開く方法
  • 右クリックメニューから開く方法
  • ツールバーから開く方法

ちなみに、環境設定の[一般]タブにある「デフォルトターミナル」で設定したターミナルアプリで開かれるようになります。

デフォルトターミナルの設定

メニューから開く方法

Path Finderのメニューにある[コマンド]→[ターミナルから開く]を選択すると、選択フォルダがターミナルで開かれます。

ショートカットキーを割り当てたい場合は環境設定の[機能]→[キーボード]から「ターミナルから開く」に割り当てればOKです。

ターミナルで開くにショートカットキーを割り当てる

右クリックメニューから開く方法

環境設定の[機能]→[コンテクストメニュー]で「ターミナルに開く」をメニューに追加しておけば、右クリックしたときに表示されるコンテクストメニューから「ターミナルに開く」が選択できるようになります。

コンテクストメニュー「ターミナルに開く」

ツールバーから開く方法

ツールバーのアイコンの中に「ターミナル」という項目があります。

ツールバーの「ターミナル」

これをクリックすれば選択フォルダがターミナルで開けるようになります。

Alfredのフォルダ操作

AlfredのFile Actionsで「Open Terminal Here」という項目を選択すれば、Alfredからターミナルで特定フォルダを開けます。

Alfredの「File Actions」

cdコマンドで何とかする場合

cdコマンドで何とかする場合は、パスのコピーの仕方を知っておくだけでも全然違ってきます。

まず、「cd 」とだけ先に入力してからターミナルアプリにフォルダをドラッグすると、そのフォルダまでのパスが入力されるので、素早く移動できます。

また、単純にパスをコピーしたい場合はFinderの右クリックメニューで「”フォルダ名”をコピー」をoptionを押しながらクリックするとパスのコピーができます。